After Dark

翻訳 Jay Rubin
定価:¥ 2,752
マーケットプレイス価格:¥ 8,360 (税込)

出版:Knopf
カテゴリ:ハードカバー
ページ:208頁
JAN:9780307265838
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で340944位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~3週間以内に発送
エディターレビュー
真夜中から夜明けについての時間帯、東京を舞台に出会いを描いた短くてしゃれた小説。どこをとっても村上春樹の傑作『The Wind-Up Bird Chronicle』(邦題『ねじまき鳥クロニクル』)や『Kafka on the Shore』(邦題『海辺のカフカ』)にひけをとらない吸引力がある。

軸となるのは2人の姉妹、眠り続けるファッション・モデルのエリと、平凡なデニーズで1人、読書をしている若い学生のマリだ。マリはすぐに自分とはかけ離れた世界に暮らす人々の元へ導かれることになる。以前に会ったことがあると主張するジャズ・トロンボーン奏者、そしてラブホテルのたくましい女経営者と従業員、ビジネスマンにひどい暴力を振るわれた中国人売春婦。この“夜の住民たち”はそれぞれの秘密に悩まされており、異なる環境でそれぞれ孤独に過ごすよりも、みなで集まり心強さを感じる必要がある。じきにエリが眠り続ける謎は、犯罪行為で堕落したビジネスマンにつながっており、彼はエリを救うかあるいは破滅させるかだと明らかになっていく。

『After Dark』は思わず引きこまれる人間ドラマからメタファーの多い思考へと移行し、時間と空間そして記憶と予想を取り込み、シームレスな人間の摂理への探索、そして自己表現と感情移入、さらには観察力の力と思いやりや愛の限界との相互作用を織りなしていく。村上らしいユーモア、心理学的な洞察、精神と倫理の描写が本書では見事な調和を見せて洗練されたものとなっている。

Amazonレビュー


amazon検索