Code to Zero

定価:¥ 3,136
マーケットプレイス価格:¥ 8,023 (税込)

出版:Macmillan
カテゴリ:ハードカバー
ページ:384頁
JAN:9780333780763
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1821281位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
 『Eye of the Needle』(邦題『針の眼』)、『The Third Twin』(邦題『第三双生児』)、『The Key to Rebecca』(邦題『レベッカへの鍵』)でおなじみのベテランスリラー作家ケン・フォレットが、スパイ活動、策略、裏切りを織り込み、「ベストセラー」の要素をそこら中にちりばめた、テンポよい作品を送り出した。

   1958年、ある男がのワシントンDCの鉄道の駅で目を覚ます。アメリカ初の人工衛星エクスプローラー1号が発射される少しばかり前のことだった。男は自分が何者で、なぜそこにいるのかわからなかった。少なくともこの数時間は、誰も彼を探そうとしなかったことは確かだった。彼は浮浪者のような格好をして、深酒をしていたようだった。しかし追っ手から逃れたり、行方をくらましたり、車を盗んだり、家屋に侵入したりする技術に非常にたけていた。彼はどうやってそのような才能を手にしたのかがわからず、心配になる。

 「正直者ならどうだろう」
路上で心のうちをすべて吐露するのはばかげているかもしれないと思ったが、彼のほかに誰もいなかった。
 「私は誠実な夫、愛される父親、頼もしい同僚なのだろうか。それともギャングか何かなのだろうか。何も知らないなんて嫌だ」

「ねえ君、何に悩ませられているんだい。私は君がどんな男だったか知っているよ。もしギャングだったらこう考えるだろう。自分は金持ちか、女を殺すか、人々は自分を恐れているだろうかって」

そこがポイントだった。ルークはうなずいた。しかし彼は満足でなかった。
 「ただ、いい人間になりたいだけなんだ。でも、自分が信じるようにはいかないかもしれない」


   彼は自らの意思に忠実に従い、その固い気持ちが羅針盤となって、物語の山場、つまり彼の正体という謎の解決に向けて進んでいく。クラウド・“ルーク”・ルーカス、ロケット科学者であった主人公は、ケープ・カナベラルから、ペンタゴンにいる誰かに、何かを警告するためにワシントンへ向かう途中だった。古い友人の助けを借りても、彼はそれが何か思い出せなかった。CIAのエージェントは、ルークがまだ動き出したばかりのアメリカの宇宙開発に妨害を加え、ロシアに働きかけていたという証拠を持っているらしい。ルークがかつて愛した女、ビリー・ジョセフソンは洗脳と記憶消去のエキスパートになっていた。数学者であるルークの妻、エルスペスは彼の命を救うために、あらゆる手立てを試みる。

   本書は、第2次世界大戦から1958年にかけての、理想に燃えた若い大学生たちの物語を呼び起こす。しっかりした構成で、エキサイティングかつサスペンスに満ちたストーリーの中に、アクションがうまく組まれていて、始めから終わりまで読者をつかんで離さない。(Jane Adams, Amazon.com)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索