The Tragedy of Great Power Politics

定価:¥ 2,224
マーケットプレイス価格:¥ 5,901 (税込)

出版:W W Norton & Co Inc
カテゴリ:ペーパーバック
ページ:576頁
JAN:9780393323962
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で82432位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
   この国際関係を論じたきわめて現実主義的な本には、「平和の配当」や「国際社会の友好的なきずな」といった元気づけられるような平凡な言い回しは出てこない。その代わりに、シカゴ大学教授、ジョン・J・ミアシャイマーは、世界の情勢に対するほとんどダーウィン主義的ともいえる見方を議論の中心に据えている。「超大国は世界におけるみずからの影響力を最大化しようとする」。なぜなら「支配的な力を持つことが、生き残りを保証する最高の方法だからだ」。

   ミアシャイマーは、政治学の中で現実主義学派の出身である。彼は、自身の考え方を「攻撃的現実主義」と呼び、他国の善意に過大な信頼を抱くことに対して繰り返し警鐘を鳴らしている。「国際政治は常に残酷で危険なものだというのが、悲しいながら現実である」と彼は書いている。

   本書の大半は、過去2世紀間の外交と軍事の歴史が、彼の考え方を裏打ちしていることを示そうとしたものだ。終わりの方で、彼は現在の問題に彼の理論をあてはめようと試みている。「私は、現在のヨーロッパ、北東アジアの力の構造は2020年までもたないと信じている」。ミアシャイマーはとくにアメリカの対中政策に批判的だ。中国を豊かで民主的な国にしようとする試みは、より強力な競争相手を作り出すだけだと考える。極端な意見ではあるものの、実に巧みに論じられているので、そのまま無視することは難しい。(John Miller, Amazon.com)

Amazonレビュー


amazon検索