A Walk to Remember

定価:¥ 956
マーケットプレイス価格:¥ 652 (税込)

出版:Grand Central Publishing
カテゴリ:マスマーケット
ページ:240頁
JAN:9780446608954
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で7836位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
 「あなたは初め笑みを浮かべ、やがて泣くだろう」。ニコラス・スパークスは『A Walk to Remember』(邦訳『奇跡を信じて』)のプロローグで大胆にもこう請け合い、その約束を見事に果たしている。まるでヨーヨーでも操るように読者の心を自在に振り回してきたスパークスが(そのことを確かめたい方は既刊『Message in the Bottle』 『The Notebook』(邦題『メッセージ イン ア ボトル』『きみに読む物語』)をお試しあれ)、今度は私たちを、初恋のころの純粋無垢な状態に引き戻してしまう。

   1958年、軽薄だがお人好しのティーンエイジャー、ランドン・カーターは、四六時中仲間とつるんで、いつまでも無責任な子どものままではいられないという現実から懸命に目を背けようとしていた。そんな彼がクリスマスの芝居で主役を演じる羽目になる。相手役は町でいちばん有名な優等生、ジャミー・サリヴァン。自分の意志とは裏腹に、また仲間に罵倒されながらも、ランドンは次第にジャミーに引かれ、人生で一番大切なことを学んでいく。

   ジョン・アーヴィングの『A Prayer for Owen Meany』(『オウエンのために祈りを』)のように、スパークスはユーモアと感傷の微妙かつ稀有なバランスを保っている。さほど独創的なプロットとは言えないが、涙を誘う‘少年の成長物語’は間違いなくファンを引きつけるだろう。すてきな俳優たちが演じる映画版を探すのもいいけれど、できればティッシュ片手に布団に潜り込み、思う存分涙を流してほしい。(Nancy R.E. O’Brien, Amazon.com)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索