Audrey Hepburn, An Elegant Spirit

定価:¥ 2,424
マーケットプレイス価格:¥ 1,511 (税込)

出版:Atria Books
カテゴリ:ペーパーバック
ページ:256頁
JAN:9780671024796
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で111531位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
ハリウッドスターの歴史のなかでも、オードリー・ヘップバーンほど輝いたスターはいない。彼女の魅力、優雅さ、繊細な人間性、そしてもちろん、あの見るも美しい顔は、世界中の映画ファンを喜ばせてきた。ジジとして、イライザ・ドゥーリトルとして、ホリー・ゴライトリーとして、彼女はスクリーンや舞台で無数の人の目を奪った。だが、息子のショーンにとっては、彼女はただの「ママ」だった。

そのショーン・ヘップバーン・フェラーが手がけた、身内が出す初めてのオードリー・ヘップバーン写真集では、ハリウッドでもっとも愛された女優の人生のプライベートが垣間見える。ショーンは情感あふれる素直な回想のなかで、戦渦のオランダで過ごした子ども時代から名声の絶頂期、そしてカメラや群れをなすパパラッチから遠ざかった晩年まで、オードリーの人柄を表す話の数々を語っている。そこにあるのは、写真家のレンズからではなく、彼女を崇拝していた息子の目から見た貴重なオードリーの姿だ。

『Audrey Hepburn, An Elegant Spirit』には、300点近い写真や、オードリー自身の手による書簡や絵が収録されている。その多くは、これまで見ることのできなかったものだ。この過去に類を見ない回想録のなかで、ショーン・ヘップバーン・フェラーは、息子だからこそできる形で、世界が愛した女優を追憶している。

単なるハリウッドスターの伝記の枠を超えた『Audrey Hepburn, An Elegant Spirit』は、息子と母との関係をめぐる物語だ。ショーンはわたしたちに、美しい人であると同時に、深い悲しみを抱いた人でもあったオードリーの姿を見せてくれる。残酷な世界を変えるにはあまりに無力で、自身の不安をどうすることもできなかったオードリーは、ショーン――「わたしの親友」と呼んでいた――と弟のルカの愛情深い母親となった。成長した兄弟は、その名声を生かして恵まれない子どもたちを支援する母の姿を誇りに思うようになった。オードリーはユニセフ親善大使として、何百万もの貧しい子どもたちの苛酷な生活に世界の目を向けさせた。そしていま、ショーン・ヘップバーン・フェラーがオードリー・ヘップバーン児童基金(www.audreyhepburn.com)を引き継いでいる。本書の収益は同基金に寄付される。

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索