Culture and Imperialism

定価:¥ 2,187
マーケットプレイス価格:¥ 1,557 (税込)

出版:Vintage
カテゴリ:ペーパーバック
ページ:416頁
JAN:9780679750543
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で29856位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常4~5営業日以内に発送
エディターレビュー
 『Culture and Imperialism』(邦題『文化と帝国主義』)は「ペンは剣よりも強し」を見事に実証した1冊。著者エドワード・サイードが鋭い文芸批評を通じ政治学の基本を説いた名著である。その中で明らかになるのは、植民地支配の最も効果的手段として、政治経済のみならず「文学」をも利用した西洋帝国主義の実像だ。

   著者は19~20世紀の西洋における小説およびマスメディアのテーマを「植民地支配の武器」という観点で検証、さらにそういった帝国の支配に対して「被支配者たち」が見せた言語による文化的抵抗を鮮やかに分析している。前述の「ペンは剣よりも…」を考え出したのがビクトリア朝時代のイギリス人ブルワーリットンだったのは単なる偶然ではない、とサイードは主張する。

   言語による治世学ともいうべき方法論を考察した、ポストコロニアルのバイブル的1冊。

Amazonレビュー