A Color of His Own

定価:¥ 931
マーケットプレイス価格:¥ 906 (税込)

出版:Dragonfly Books
カテゴリ:ペーパーバック
ページ:32頁
JAN:9780679887850
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で3515位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
エディターレビュー
   生き物にはそれぞれ独自の色がある。「オウムは緑、ゾウは灰色、ブタはピンク」というように。しかし、カメレオンは場所によって色が変わる。たとえば「レモンのうえでは黄色。ヒースのなかでは紫色」など。でもなかには、それが気に入らないカメレオンもいた。そのカメレオンはかんがえた。「葉っぱのうえにずっといれば、ずっと緑色でいられるかもしれないぞ。そうすれば、ぼくもじぶんだけの色になれるかもしれない」このカメレオン、秋になって葉っぱの色がかわることなど、まったく考えていなかったことは言うまでもない。緑色のカメレオンは黄色に、そして赤色にかわり、ついに地面におちて、長い冬の色――真っ黒に。やがて歳上で賢い別のカメレオンにであったことで、外面がどれだけかわっても、大切なのは心がかわらないことだということを知る。

   非凡な絵本作家レオ・レオニ。代表的な著書『Fredrick』(邦題『フレデリック――ちょっとかわったねずみのはなし』)、『Alexander and the Wind-Up Mouse』(邦題『アレクサンダとぜんまいねずみ――ともだちをみつけたねずみのはなし』)、『Swimmy』(邦題『スイミー――ちいさなかしこいさかなのはなし』)、『Inch by Inch』(邦題『ひとあしひとあし――なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし』)は、いずれもコールデコット賞受賞作品。本書ではさまざまな色に変わるカメレオンを主人公とし、感動的な傑作を作り上げた。自分らしさをみつけながら、友情をはぐくんでいく古典名作。子どもたちにも、パパやママにも、気に入ってもらえる1冊。(乳児から就学前児童まで)

Amazonレビュー
amazon検索