Olivia

定価:¥ 1,107
マーケットプレイス価格:¥ 781 (税込)

出版:Simon & Schuster Children's
カテゴリ:ペーパーバック
ページ:40頁
JAN:9780689860881
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で16602位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
   あのエロイーズを子ブタにすれば、この本のタイトルはまさに「Eloise」になる。オリビアは40曲のレパートリーをとても大きな声で歌えるし、まわりの人を疲れさせるのもバツグンにうまい。いちいち自分の動作をまねる弟のイアンを、暗がりに閉じ込めることだってできる。ジャクソン・ポロックの作品「Autumn Rhythm #30」を家中の壁に再現するのも特技の1つだ。「あなたのおかげでママはほんとにくたびれちゃう。でもねぇ、やっぱり大好きよ」。夜になって母親がオリビアを寝かせつけながらこう言うと、おませな彼女は得々として答える。「そんなママでも、やっぱり大好きよ」

   ニューヨーカー誌のアーティスト、イアン・ファルコナーが木炭で描いた子ブタのかわいらしいポートレートは、ポイントとなる部分だけが真っ赤なグワッシュで色づけされている―― これは赤、ピンク、白、黒でヒラリー・ライトが描いたオリビアの人間の子ども版、エロイーズをたたえての色遣いとも思われる。ドレス・アップするときには、耳につけるリボンも口紅もハイヒールも、ぜんぶ赤(一度だけ、グレーの色調の体が日焼けしてピンク色になり、水着の部分だけが白く残ったシーンがあるけれど)。ファルコナーは、控えめな文章にジョークを盛り込んで絵の鮮烈なイメージを生かした―― その絵と文のさりげないユーモラスな絡み合いは、子どもだけでなく大人も楽しめる。

   就学前の子ども(とその親)なら、オリビアに自分自身の姿を見るだろう―― エネルギッシュでとどまることを知らない、海辺の遊びとドガの絵は好きだけどお昼寝は気の進まない子ども。耳の形は念入りに整えるし、砂のお城作りは驚くほど上手。エロイーズを連想せずにはいられないが、ファルコナーの子ブタのほうが活動範囲も限られているし、しでかすことはたかが知れているから、こちらのほうが幼稚だ。結論。おしゃまなオリビアもいいけれど、いかにも小さな子どもらしいオリビアのめちゃくちゃさがたまらない。

Amazonレビュー


カテゴリ
ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索