Floral House: Simple Designs and Decorations for the Home

写真 Pia Tryde
定価:¥ 2,995
マーケットプレイス価格:¥ 3,079 (税込)

出版:Chronicle Books
カテゴリ:ハードカバー
ページ:144頁
JAN:9780811830935
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で318218位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
エディターレビュー
   手間をかけずに部屋に明るさと生命感をプラスしたければ、切り花を飾るか花柄の布を利用するのがいちばんだろう。なんとも単純な方法ではあるが、生であろうと絵に描いた花であろうと、花には部屋に活気を与える力があるからだ。スタイリストのジュリア・バードのデザインを集めた『Floral House』ではさまざまな「花」の活用法が紹介されている。どんな部屋でも生花を使ったブーケや花柄の布、陶磁器などをさりげなく飾れば、さわやかさと生命感が出てくる。

   この本の優れている点は、読者が自分の家や好みに合ったデザインを見つけやすいように5つのカテゴリーに分けられているところだ。たとえば「フレッシュ・アンド・ライト」の項はクリーム色やリーフグリーン、明るいイエローといった春らしさを感じさせる明るく澄んだ色を中心にまとめられている。それに対して「ディープ・アンド・エキゾチック」の項は白と黒の大胆なコントラストを基調に、濃い紫や目の覚めるような明るいピンク、印象的な深紅、くすんだバイオレットをアクセントとして取り入れている。

   ベッドルームやリビングからキッチンやオフィス用の部屋にいたるまで、バードの提案するデザインは非常に美しく、すっきりとしていながらも心を引かれる。バードは「実際に使える」アドバイスをしてくれる。たとえば「量や質感、時代やスタイルの違いを楽しみましょう。ただし、同系色のプリントを持ってくるときは濃淡をつけること」とか、部屋にユーモアと個性を持たせるために「ちょっとした遊び心」を感じさせる物を置くように、といった具合に。ほかにも、ぶらさがった電気コードに造花のランを巻きつける、古い帽子のつばから取ったアンティーク調のスミレの花をシンプルなランプシェードに挿す、というようなとっておきのアイデアがこの本のいたるところに散りばめられている。

   そして何より『Floral House』は、時間をかけずにほんの少し手を加えるだけで驚くほど部屋の雰囲気が変わることを教えてくれる。この美しい写真と魅力的な文の中に、家の雰囲気を一新するためのヒントがいろいろ見つかるだろう。

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索