The 12 Days of Christmas Anniversary Edition: A Pop-up Celebration

イラスト Robert Sabuda
定価:¥ 4,011
マーケットプレイス価格:¥ 3,092 (税込)

出版:Little Simon
カテゴリ:ハードカバー
ページ:14頁
:9781416927921
JAN:9781416927921
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で28056位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
   チェスの世界でいうところのグランドマスター。それが本書の著者、ポップアップアート界の「ペーパーエンジニア」と称されるロバート・サブダである。

   タイトルからもわかるように、本書は、古きよき上品さを持ちあわせていながら、一風変わった作りの絵本。 昔から歌い継がれている「クリスマスの12日」というわらべ歌を取り上げ、その歌詞の1節1節をさまざまなポップアップを用いて表現している。

   洋ナシの上で羽を広げるヤマウズラ(たった2枚の蝶番のついた紙でできている)などは、中でも比較的シンプルな部類に入るが、それでも、そのヤマウズラがページの枠からそっくり飛び出してくるという思いがけない奇抜なしくみには驚かされる。

   その後に続くポップアップはさらに個性的で、大胆かつ見事なもの。「10人の笛吹き」などは、非常に精巧な装飾が施された切り抜き細工となっている。しかも、その一方で、その作品を切り抜くのに使ったハサミまでをもポップアップの1部としてしまうなど、ユーモアも盛り込まれている。

   おそらく最も手の込んだセットは、「11人の踊る貴婦人」であろう。そこは古いオルゴールと解釈され、「11人の踊る貴婦人」は小さなバレリーナとなって登場する。そしてなんとそのオルゴールには、引き出しや鏡、ぜんまいまでもが作り込まれているのだ。

   サブダの名人芸が光る、『The 12 Days of Christmas』は、幼いころのクリスマスの日々を呼び覚ましてくれる、ノスタルジーあふれる絵本である。大人であれ、子どもであれ、間違いなく喜ばれるクリスマスの贈り物となることであろう。

Amazonレビュー


カテゴリ
amazon検索