せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)

イラスト バージニア・リー・バートン , 翻訳 いしい ももこ
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 13,748 (税込)

出版:岩波書店
カテゴリ:ハードカバー
ページ:76頁
JAN:9784001105513
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で73675位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
派bb『ちいさいおうち』『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』などで知られる、バージニア・リー・バートンの最後の作品。「地球上にせいめいがうまれたときから いままでのおはなし」が5幕の劇仕立てで展開される大型絵本。

   右ページが舞台となっており、舞台のそでに登場するナレーターたちが「せいめいのれきし」を語っていく。銀河系に太陽が生まれ、地球が生まれ、生物が登場し、植物が育ち、恐竜が闊歩し、哺乳類がすべての生き物の王となるまで。そして、人間が登場し、農業を生業に暮らすまでの長い長い物語。

   迫力あるイラストとやさしい文章でつづられる「せいめいのれきし」は、5幕に入ると、バージニア・リー・バートン自身が語る“現代の生活”が舞台となる。しかし、そこに描かれる太陽の光は、古代のそれと変わらない。壮大な歴史の上に自分が立ち、生き物としての劇は絶えることなく続いていくことに静かな感動を覚える絵本だ。小学生中学年から大人まで、あらゆる年代に贈りたい圧巻の1冊。(小山由絵)

Amazonレビュー


amazon検索