荘子 第一冊 内篇 (岩波文庫 青 206-1)

翻訳 金谷 治
価格:¥ 858 (税込)
出版:岩波書店
カテゴリ:文庫
ページ:268頁
JAN:9784003320617
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で32690位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
始めて読んだのはもう二十年以上前になります。「北冥に魚有り…」で始まる冒頭部分から、そのあまりにも壮大な、宇宙的ともいえるスケールにぐいぐい惹きつけられていきました。 その時読んだのは中公文庫の森三樹三郎訳のものでしたが、現在は文庫では手に入らないようです(但し中公クラッシックスで入手可。詳しい解説もついていて、これもまた素晴らしいものです)。 文庫というコンパクトで安価な形態ではこの岩波文庫版が読み下し文・原文も収録されていることもあってオススメです。 全4冊となっていますが、外篇・雑篇は荘子の作ではないとされ、内容も荘子本来の思想から離れてしまっているものが多いので、まずは荘子の思想のエッセンスが詰まった内篇(第1冊)だけでも読んでみてください。今から2300年ほど前の中国でこんなことを考えていた男がいたんだ、ときっと感動すると思いますよ。
Amazonレビュー
amazon検索