ラモーの甥 (岩波文庫)

翻訳 本田 喜代治 , 翻訳 平岡 昇
価格:¥ 734 (税込)
出版:岩波書店
カテゴリ:文庫
ページ:224頁
JAN:9784003362433
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で310965位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
百科全書派の巨匠ディドロの最高傑作とされる対話体小説。大作曲家ラモーの実在の甥を、体制からはみ出しながら体制に寄食するシニックな偽悪者として登場させ、哲学者である「私」との対話を通して旧体制=アンシャン・レジームのフランス社会を痛烈に批判する。生前には発表されず、1805年ゲーテのドイツ語訳によって俄然反響を呼んだ。
Amazonレビュー


amazon検索