世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)

価格:¥ 926 (税込)
出版:角川書店(角川グループパブリッシング)
カテゴリ:文庫
ページ:478頁
JAN:9784043943951
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で71680位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
ポン・ジュノ(봉준호、1969年9月14日 - )は、韓国大邱(テグ)生まれの映画監督、脚本家である。手がけた3本の劇場用作品のうち『殺人の追憶』(2003年)と『グエムル-漢江の怪物-』(2006年)が韓国内で記録的なヒット。延世大学校社会学科卒業後、1995年に16mm短編のインディペンデント映画『白色人』を監督。同年、韓国映画アカデミーを第11期生として卒業。 韓国のいわゆる386世代の一人。 なお、右目は失明している。 白色人(1994) フレームの中の記憶(1994) 支離滅裂(1995) ほえる犬は噛まない (2000) 殺人の追憶 (2003) Sink and Rise (2004) オムニバス作品『20のアイデンティティ/異共』 インフルエンザ (2004 オムニバス作品『三人三色』 グエムル-漢江の怪物- (2006) シェイキング東京 (2008) オムニバス作品『TOKYO!』 母なる証明 (2009) Iki (2011) オムニバス作品『3.11 A Sense of Home Films』 スノーピアサー Snowpiercer / 설국열차 (2013)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索