地球の祈り

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,728 (税込)

出版:角川学芸出版
カテゴリ:単行本
ページ:281頁
JAN:9784046211958
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で598521位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
今私は、この原稿をアフリカ・タンザニアのゴンベ国立公園のキャンプで書き始めている。時間は夜9時、外ではタンガニカ湖の波音が低く重く、まるで地鳴りのように響いている。   ‥‥(中略)‥‥   これらの“偶然”の重なりは、誰の意図によってなされたものでもない。にもかかわらず、ジェーン(ジェーン・グドール。動物行動学者、霊長類学者。チンパンジーの観察、研究の世界的第一人者――なわ・ふみひと註)は現実に、この偶然の重なりによって、研究生活40周年を記念する講演が世界中で決まっていた超過密スケジュールにもかかわらず、「地球交響曲第四番」への出演を承諾してくれたのだ。だから今私は、アフリカ・タンザニアのジャングルの夜の闇の中にいる。   “共時性”について語ることは本当に難しい。どうしても、人智を超えた大いなる意志の働きを認めざるを得なくなってくるからだ。すなわち、“神”の存在を受け入れるか否かが問われるのだ。キリストやブッダなど特定の神のことではない。私の言う“神”とは、科学的・理性的なものの見方では理解しきれない、何か大きな宇宙的な意志の存在のことだ。私自身はこの問いに対する答えを持っていない。ただ、はっきりと言えることは、このようなあり得ない“偶然”の重なり、すなわち“共時性”を、単なる偶然だ、と割り切ってしまうのは、あまりにも非科学的だ、と思うのだ。
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索