こうだったのか!!ポートフォリオ―「総合的な学習」「教科」‐成長への戦略 思考スキルと評価手法

価格: (税込)
出版:学習研究社
カテゴリ:単行本
ページ:143頁
JAN:9784054017542
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1022863位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   子どもたちが「生きる力」を身につけるため「総合的な学習」の時間が導入され、全国の小中学校では体験も含め、さまざまな学習が展開されている。だが、その評価については、とまどいを感じている教師も多いに違いない。その総合的な学習の評価に適していると注目されているのが、「ポートフォリオ」である。ポートフォリオとは紙バサミのことで、証券業界では投資家の有価証券の内訳などを指す言葉として使われている。このポートフォリオを教育にいかに導入し、活用していくかについて、ポートフォリオの提唱と実践に取り組んできた未来教育デザイナーの著者が解説したのが本書である。

   「ポートフォリオは、ただ何かを集めて入れて終わるファイルではない。必要に応じて活かすことができ、その結果、子どもが成長することが本来の目的だ」と著者はいう。その目的を達成するため、本書では、「評価」への基本的な考え方やポートフォリオの可能性を説くとともに、ポートフォリオの具体的な活用方法、実践とコツを、チャートなどの図表や授業での展開例などを交えながら紹介している。

   ポートフォリオは総合的な学習の時間だけでなく、さまざまな教科やその教科の評価、進路指導などにも活かすことができる。「ポートフォリオ評価」は「成長報告書」なのだということが実感できる、“目からウロコ”の1冊。著者などがポートフォリオの活用などについて講義するビデオを収録したCD-ROMも付いている。(清水英孝)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索