屋根裏の明かり

価格: (税込)
出版:講談社
カテゴリ:単行本
ページ:180頁
JAN:9784062000208
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で487798位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   シルヴァスタインは『おおきな木』(原題『The Giving Tree』)や『ぼくを探しに』(原題『The Missing Piece』)などの作品で多くのファンを持つ絵本作家。本書は、1コマ漫画風のペン画に、数え歌や早口言葉といった楽しい言葉遊びが添えられた詩画集だ。『歩道の終るところ』(原題『Where the Sidewalk Ends』)や、遺作となった『天に落ちる』(原題『Falling Up』)同様、ナンセンスでユーモアあふれる作風は、訳者の倉橋由美子が語るように、アメリカ版「マザー・グース」といった趣だ。

   いかついおじさんの顔が皿の上で怒っている「顔のロースト頼んだのどなた?」、「立つのは腹が立つ」「犀んペン」といった単純なダジャレや、「生気あふれる盛期の牛を振ればあふれるミルクセーキ」といったリズム感あふれる言葉遊びなど、大胆かつ自由な発想からくりだされるイラストと詩134篇は、想像力をいやがうえにもかきたててくれるものばかり。また「マサニナニを連れたボクッテダレ」「形たち」など、主人公が自分に欠けた何かを求めて旅をする『ぼくを探しに』を彷彿とさせるものもある。詩人、漫画家、歌手、作曲家、演奏家と多芸多才だったシルヴァスタインの魅力をたっぷりと味わうことができる1冊だ。(中島正敏)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索