渡辺篤史のこんな家で暮らしたい

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,880 (税込)

出版:講談社
カテゴリ:単行本
ページ:191頁
JAN:9784062109918
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で324144位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   渡辺篤史の「建もの探訪」は普通の人が住む普通ではない家を紹介し続けている長寿番組だ。「普通ではない」というのは、この番組で取り上げられる家は住み手がこだわり、建築家が工夫をこらした「作品」だから。本書はそのなかから暮らし方に特徴のある30軒を設計図つきで紹介している。いつか自分だけの家をきっちり建てたいと思っている人には、格好の参考書だろう。

   一口に家といっても、モダンなコンクリート造りからナチュラルな木造まで実にさまざま。200坪以上の敷地に建つお屋敷や、築150年の民家を再生した堂々たる日本家屋、屋上庭園やエレベーター付きの豪邸もあれば、建築面積わずか9坪の狭小住宅や極端な三角形の変形敷地に建てられた家などもある。とくに印象に残ったのは、敷地の厳しい条件をさまざまな工夫で克服し、斬新なデザインの家に仕上げたケース。限られた土地のなかでここまでできるのかと建築家の力を思い知らされる。

   テレビ番組では住み手による説明が中心となっているが、本書では建築家からのメッセージも寄せられており、建築コンセプトや建築家の考え方、得意技が詳しくわかる。設計者のプロフィールや施工者の情報・連絡先といったデータが網羅されている点も、家造りの具体的資料として評価したい。残念なのは、建築費用が公開されていないケースがあったこと。費用はどうしても気になる要素なので、すべてについてきっちり入れてほしかった。(栗原紀子)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索