eメールの達人になる

価格:¥ 713 (税込)
出版:集英社
カテゴリ:新書
ページ:221頁
JAN:9784087201192
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で467292位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   電子メールのしくみや書き方について解説・指南したマニュアル本は数多く出版されているが、本書はそうした書籍とは一線を画した、作家村上龍によって書かれた実践的な電子メール読本である。

   本書のテーマは次の点に集約される。それはツールとしての電子メールで、自分の伝えたい情報をいかに「正確」かつ「簡潔」に相手に伝えるか、ということだ。「筆跡」という身体性が剥奪された電子テキストの交換によって成り立つメールは、速度と効率性が最優先されるメディアである。それゆえ、既存の文章表現術やライティング法をそのまま応用することはできない。たとえば、人間関係の機微が構造化されている敬語表現は、メール・コミュニケーションには不向きだ。

   敬語がはらむ問題点の指摘に始まり、件名のつけ方のポイント、本文を書くための技術、指示や依頼をするときのコツ、箇条書きの効用、返信メールの書き方、記号や罫線の活用法、メーリングリストでの注意点など、実例を示しながらの解説はわかりやすく説得力がある。「eメール実例篇」と題された最終章では、友人や関係者との間に交わされたメールがコメントとともに示される。具体例として参考になるだけでなく、電子メールを通した作家の日常を垣間見ることができ興味深い。

   村上龍はデビュー以来、一貫してコミュニケーションの問題を描き続けてきた。その意味で、コミュニケーションツールとしての電子メールについての実用書が、この作家によって書かれたことには大きな意味がある。電子メール論としてだけでなく、コミュニケーション論、電子時代の文章論、情報社会における日本語論としても読める1冊である。(榎本正樹)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索