ぼくんち (ビッグコミックス)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 2,003 (税込)

出版:小学館
カテゴリ:コミック
ページ:233頁
JAN:9784091877017
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で65716位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
Yahoo!ショッピング
(青年コミック)ぼくんち (ビッグコミックス)/西原 理恵子
ストア:コレクションモール
在庫あり
¥216
条件付
送料無料
中古/古本/ぼくんち/西原 理恵子
ストア:ドラマ書房Yahoo!店
在庫あり
¥282
条件付
送料無料
中古/古本/ぼくんち/西原 理恵子
ストア:ドラマYahoo!店
在庫あり
¥282
条件付
送料無料
エディターレビュー
 「ぼくのすんでいるところは―/山と海しかない しずかな町で―/はしに行くとどんどん貧乏になる。/そのいちばん はしっこが/ぼくの家だ―」。腹違いの兄、一太。突然現れた、美しくてやさしい年の離れた姉、神子(かのこ)。そして「ぼく」、二太。クスリを売る。体を売る。金を貸す。とりたてる。この町の多くの大人たちは、そんなふうにして生きている。

   神子ねえちゃんは言う。「泣いたらハラがふくれるかあ。泣いてるヒマがあったら、笑ええ!!」。ヤク中の父を亡くしたばかりの少女は、うまく泣くことさえできずに、不思議そうにこう言う。「息するたびにな、ノドの奥に小石みたいのがたまるんよ。食い物の味わからへん」。むき出しの現実を見ながら、幼い心にいくつもの決意を刻んで「ぼく」は成長していく。

   映画化(2003年)にあわせて、オールカラー全3巻だったものを白黒の普及版として1冊にまとめたもの。見開き2ページのショートストーリー114話で構成。巻頭には、描きおろしのカラー漫画が4ページ収録されている。日々の出来事を2ページで描きつつ、一太が家を出るあたりからは全体を通して話に流れが出てくる。彼らはいつも、あきらめたような、悲しいような笑みを顔に貼り付けて、痛いほどにただただ求めている。自分の家で、家族そろって暮らすことを。ともに食卓を囲むことを。ラストシーンで二太が見せる笑顔は、痛ましさと同時に少しの希望を感じさせ、いつまでも胸に残る。(門倉紫麻)

Amazonレビュー


amazon検索