海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 810 (税込)

出版:新潮社
カテゴリ:文庫
ページ:528頁
JAN:9784101001555
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1756位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   15歳の誕生日に家を出た少年は、高松で「長いあいだ探し求めていた場所」と感じる私立図書館にたどり着く。館長の佐伯さんと手伝いの大島さんが運営するその図書館に、毎日のように通う少年。しかし8日目の夜、突然意識を失った少年は、神社の境内で血まみれになって倒れていることに気づく。一方、東京中野区で猫探しを仕事とする老人ナカタさんは、ある日、縦長の帽子をかぶり、長靴をはいた奇妙な男と出会う。第2次大戦中に起こった不可解な事件、「カラスと呼ばれる少年」、1枚の絵画と歌、殺人、少女の幽霊…。多元的で重層的に構築されていく物語たちはミステリアスに絡み合いながら、やがて高松へと収斂(しゅうれん)する。

   かつて『アンダーグラウンド』でオウム真理教の破壊的な物語と対峙した村上春樹は、それに拮抗(きっこう)するだけの力をもつ物語の再興を自らの命題とした。その命題へのチャレンジといえるのが本書である。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の内的世界と、『ねじまき鳥クロニクル』で追求した歴史と個の関係は、より深化し、子どもの夢と大人たちのつくりあげた現実の狭間にある迷宮のなかで、さ迷い、成長していくひとりの「少年」へと結実した。そして、ギリシャ悲劇における親子のあり様や、『源氏物語』に登場する生霊などの文学的モチーフが巧みに取り入れられたストーリーは、強力な吸引力をもって読者を離さない。

   読み手は、ただ作品がもつ物語の力に身を任せていれば、多彩で奇妙なキャラクターたちや、息をもつかせぬ展開が、充実した読書体験を約束してくれる。そして読後、不思議な感動を味わい、涙を流すことになるだろう。多くの悲しい運命を背負った人たち、たくさんの「死の予感」が涙を誘うのではない。この物語のなかで、子どもから大人へと成長するにしたがい失ってきたものを発見するのだ。そうした自分にとって親密な記憶が、涙とともにとめどなくあふれてくる。(中島正敏)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
- 上手にできるかな??
- みのぼう伝説
- Jeda Diary
- bubble on the roof
- ヨハンの徒然
- 百・花・音・乱
- Blue in the face
- オタクOL negikoの徒然日記
- ミケケのリネージュⅡ体験記
- 花・陽だまり日記
- メイソウ
- 今日のひとこと         by ぽっけ  3年目編
- CAZUMINE TV
- ダメダメだぁ
- 真平の独り言
- 上善若水
- You Are My SHINE!
- NO theory
- 猫にまたたび再来
- play it by ear
- 2+2=5
- off the fly
- 鐸喫茶日記。
- Conte populaie
- 山閑人 cafe sankanjin
- in limbo
- 伊予日記
- *ordinary days*
- 千里の道も一歩から
- なんてことないロンドン日記
- シックボーイの1ワールド
- アメリカその日暮らし
- Tall WASTE POWER
- 日々是好日
- 左手にメロンパン
- ゆんち
- 38g
- YOJILOG
- sono マイブーム
- 22歳の思うこと。
- アルザスの小さい村より、フランス・ドイツ通信
- nobunoblog@garden
- toらぬ狸の皮算用
- 食寝食寝光線*kunekunebeam*diary
- 旅するヒト
- aNALYSE
- まじぇblog
- てきとー生活
- 空と花と犬と...
- 理科教師の卵
- for aesthetic
- Time is dead
- ことのは
- Irish Rhyme
- 終わりなき旅
- 甘酸っぱい気持ち。大切な人よ・・・
- プロ仕様ボーカリスト育成レッスン教室
- テノリ外科医
- ミュージック本舗   by早起きのオッサン
- バケツとわたし
- ぐりこの日記
- Do What You Think Is Right
- 伝書がめ
- SLOW LIFE
- Outside IBLARD
- Hiro's Sweets_Life
- 人生考えて何ぼ、歩いて何ぼ。今日もどこかに出かけよう。 (>ω<*)*。+°
- メタツーリズム論
amazon検索