オーデュボンの祈り (新潮文庫)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 724 (税込)

出版:新潮社
カテゴリ:文庫
ページ:464頁
JAN:9784101250212
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で12455位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
   既存のミステリーの枠にとらわれない大胆な発想で、読者を魅了する伊坂幸太郎のデビュー作。レイプという過酷な運命を背負う青年の姿を爽やかに描いた『重力ピエロ』や、特殊能力を持つ4人組の強盗団が活躍する『陽気なギャングが地球を回す』など、特異なキャラクターと奇想天外なストーリーを持ち味にしている著者であるが、その才能の原点ともいえるのが本書だ。事件の被害者は、なんと、人語を操るカカシなのである。

   コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。

   嘘つきの画家、体重300キロのウサギさん、島の規律として殺人を繰り返す男「桜」。不可思議な登場人物たちの住む島は、不条理に満ちた異様な世界だ。一方、そんな虚構に比するように、現実世界のまがまがしい存在感を放つのが、伊藤の行方を執拗に追う警察官、城山である。本書が、荒唐無稽な絵空事に陥らないのは、こうした虚構と現実とが絶妙なバランスを保持し、せめぎあっているからだ。本格ミステリーの仕掛けもふんだんに盛り込みながら、時に、善悪とは何かという命題をも忍ばせる著者の実力は、ミステリーの果てしない可能性を押し開くものである。(中島正敏)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
- The Incomplete Stairway
- a-uchi@boogielog
- 採集匣 Ver.2
- ひねもす、のたりのたり。
- 沈んでゆく夕日を見て。
- Kochi's Untidy Diary.
- area_m
- カ○マーとか本当にめんどくさいと感じる落ちこぼれサラリーマン日記
- かわうその散歩道
- 少し止まってまた歩き出そう
- Roly-Poly Scarecrow
- をむなもすなる日記2nd
- シブヤ☆Airlines+
- ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2017)
- :books:
- 稲葉禄子
- 机上の空論 ~愚者、策を弄す~
- UnderConstruction 2
- green label
- 猿仕事_征服
- お気楽道楽
- さらとが留学道
- 浦和駅東口 Bar Grace
- らむねコラム 
- Ku-Pu-再び...
- Moonlight Forest
- 嗜好品
- しろぐ〜舞台と本といくつかのレビュー〜
- 情熱はあるか。多分ない。
- マトアのLEGO日記
- J'aime la mer...
- 日々徒然 日々暴走 日々かぼちゃ
- Q’z house  
- 火曜定休
- 巨人の肩の上にいる小人
- 夏草や兵どもが夢の跡
- ガンバレあたしっ!!
- 藍写真・空模様
- 毎日あたし
- ★★四次元カメラ★★
- rough drawing.
- BOOK CHECKER
- 元キャバ嬢OLcolzaとバツイチオタク男子の、結婚までの道のり
- チコ日記
- サンデピーポー
- 和静香味んぐ
-
- No Future
- 終りなき旅路@ろ
- UnderConstruction
- LEGO倶楽部
- 愛と死の幻想の日々
- けいやかはしに関する基礎的考察
- 手作りな日々
- 榎戸教子BLOG☆☆☆enokidonoriko  『カレー屋オープン(夢)』
- ピエールナッツの丘
- 嘘つき村 -My White Lies-
- 152円。
- ぶーのしっぽ
- Bacon's Labo
- ホコツせいかつ
- day by day
amazon検索