月光の東 (新潮文庫)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 810 (税込)

出版:新潮社
カテゴリ:文庫
ページ:517頁
JAN:9784101307138
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で61075位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   「月光の東まで追いかけて」という謎の言葉を残して消えた女を探し、男は少年時代を過ごした故郷の町から、北海道、京都へと足を伸ばした。波乱に満ちたひとりの女の半生をたどることによって、人間の強さと哀愁を描いた長編小説だ。『幻の光』や『錦繍』などの著作を持つ宮本輝が、壮麗な風景描写と共に、登場人物の心の揺れを端正につづっていく。いくつもの謎が仕掛けられた物語展開で、読む者を飽きさせない作品である。

   旧友、加古慎二郎が異国で自殺したのをきっかけに、主人公の杉井は、忘れたはずだったある少女を思い出す。中学のときの初恋の相手、塔屋米花である。数十年消息不明であった彼女が、加古の死に関わっていたのは何故なのか。杉井は、米花の行方を突き止めたいという気持ちに突き動かされ、彼女の過去を探りはじめる。塔屋一家を知る町の人々や、元同級生、そして米花を愛した男たちの証言を得て、やがて彼女の空白の時間が明らかになっていく。

   本書は、米花に魅せられた男のひとりである杉井と、米花を憎悪の対象として見る加古の妻、美須寿による、ふたつの視点から書かれている。それぞれが独自に塔屋米花という人間の実態に迫ることで、彼女の輪郭が浮き彫りにされていくさまは、推理小説さながらにスリリングだ。さまざまな人間関係が交錯するその人生を通して、人と人との繋がりや縁について考えさせられる。そして強い輝きを放つ米花の存在そのものが、本書の最大の魅力となっている。(砂塚洋美)

Amazonレビュー
amazon検索