俺の考え (新潮文庫)

価格:¥ 464 (税込)
出版:新潮社
カテゴリ:文庫
ページ:214頁
JAN:9784101461113
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で29396位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
本田宗一郎のモノづくりの思想と社会とのつながりがこの本でよく分かります。 例えば、汽車の事故が多発し、それを改善しようとしない当時の国鉄と総裁への批判。 「国鉄はすでに圧力団体と化している。(中略)観念的で、過ちを根本的に解決するということを知らない。」 そして当時の国鉄総裁が「国鉄を枕にして死ぬ」とのコメントに、 「そんな観念的なことで国鉄を経営されたらたまったもんじゃない。(中略)国鉄は浪花節企業そのものだ。最低な企業である。」と言い切っている。 ...悲しいかな、現在でもまだ似たようなことが繰り返されているような。 一ベンチャー会社から、大企業「HONDA」となって社会的な立場が確立し、それでも筋の通った本田宗一郎のコメントには味わい深く、そして現代にも通じる含蓄がある。 「失敗は成功のもと」という言葉についての解釈も面白い。 「本当に失敗を成功のもとにする人は何人いるのか。これは正しい理論を用いて反省する人のみ与えられる権利だと思う。」 やさしさの中にも経営者としての手厳しいコメントが満載です。
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索