かくれ里

写真 野中 昭夫
価格: (税込)
出版:新潮社
カテゴリ:単行本
ページ:330頁
JAN:9784103107019
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で426421位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
世を避けて忍ぶ村里――。かくれ里には、美しい自然や歴史、信仰に守られた神秘の世界が存在する。人里離れた山奥ではなく、街道筋から少し離れた場所や新たな道路の建設によってさびれてしまった古い社や寺などが現在の「かくれ里」なのである。吉野、葛城、伊賀、越前、滋賀などの山河風物を訪ね、自然が語りかける言葉に耳を傾けると、日本の古い歴史や伝承、習俗が伝わってくる。そこでは、思いもかけず美しい美術品が村人たちに守られてひっそりと存在していることもあるのだ。

本書は、能、絵画、陶器などに造詣が深い白洲正子ならではの紀行エッセイ。能に橋掛り、歌舞伎に花道があるように、目的地にたどり着くまでのいわば「道草」のなかで、さまざまな発見があり、ドラマが展開していく。油日、滝の畑、宇治田原、宇陀の大蔵寺…。彼女がかくれ里をめぐる歴史探求の旅には、単なる寺社拝観や史跡探訪エッセイとは異なった趣やおもしろさがあるのだ。(猫濱奈緒)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索