不味い!

価格: (税込)
出版:新潮社
カテゴリ:単行本
ページ:185頁
JAN:9784104548026
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で793030位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   農学博士にして、「食の冒険家」を自称する著者が、あらゆる場所で体験した不味い食べ物に関して、ユーモアたっぷりにつづったエッセイ集。取りあげられている31品は、かつて昆虫やヘビ、ネズミなど、世界中の珍料理を食べ尽くしてきた著者にして「不味い!」と言わしめた「ツワモノども」である。「俺」という1人称でのぞんざいな語り口は、辛口で痛快そのものだが、それだけではなく、醸造学や発酵学を専門とする著者だけに、食文化への確かな知識を授けてくれる点も魅力だ。

   なかでも、やはり目を引くのは、数々の悪食の武勇伝。カメムシの幼虫や、カラスの「ろうそく焼き」、羊の血の腸詰など、本書には、想像を絶するメニューが多数紹介されている。中国では、20年ものの自家製蛇酒の、あまりのアクの強さにのたうち回り、韓国では「ホンオ・フェ」という発酵させたエイのアンモニア臭に涙する。その光景は、まさに著者の言葉どおり「不味さとの対決」といえる壮絶さである。しかし意外にも著者は、その不味さを、新しい食の発見として楽しんでいるから驚かされる。

   本書で、怒りをもって「不味い!」と断罪されているのは、そうした珍料理に対してではなく、ビールやカレー、刺身にラーメンと、私たちが普段から食べ馴れている食品に関してだ。著者は、化学調味料を多用するデパートの惣菜に不快感を覚え、冷凍保存した白焼きを平気で出す鰻屋の「職人根性の欠如」を嘆く。そこから浮かんでくるのは、あまりにも歪んでしまった現代社会の食生活であり、それを平然と受け入れてしまっている私たちの心の貧しさなのである。(中島正敏)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索