重力ピエロ

価格:¥ 1,620 (税込)
出版:新潮社
カテゴリ:単行本
ページ:337頁
JAN:9784104596010
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で417493位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー

   半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し…。

   著者は、新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『オーデュボンの祈り』で言葉を話すカカシを登場させ、『陽気なギャングが地球を回す』では、特殊能力を持ったギャング団一味を軽妙なタッチで描いてみせた伊坂幸太郎。奇想天外なキャラクターを、巧みなストーリーテリングで破綻なく引っ張っていく手法は、著者の得意とするところである。本書もまた、春という魅力的な人物を縦横に活躍させながら、既存のミステリーの枠にとらわれない、不思議な余韻を残す作品となっている。

   伊坂流「罪と罰」ともいえる本書は、背後に重いテーマをはらみながらも、一貫して前向きで、明るい。そこには、空中ブランコを飛ぶピエロが、一瞬だけ重力を忘れることができるように、いかに困難なことであっても必ず飛び越えることができる、という著者の信念が感じられる。とくに、癌(がん)に冒されながらも、最後まで春を我が子として支援する父親の存在が、力強い。春が選んだ結末には賛否両論があるに違いないが、「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」と春に語らせた著者のもくろみが成功していることは、すがすがしい読後感が証明している。(中島正敏)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
- knightは待っても来ない
- ソウルニンプライフ
- ミナコラム
- 普通の専業主婦だって、何とかなるさ!
- 再構築され逝くこの世界で。
- わたしは風になる
- アキっぽい☆
- タツナリツウシン
- 沈んでゆく夕日を見て。
- ぶんかママの豆なブログ
- 我儘道化師の混乱
- chickenで何が悪い!!
- What a wonderful world 。
- meet to the moon
- ガラス造形に魅せられて。。。
- Swidge+b
- yo54321
- よかった探し。
-
- 思い出さないように忘れないように
- しっかり立って、希望の木
- co_co@jeya
- Hidden Dragon under the veil of crown kazu
- Blowin' in the wind
- イングラヴィティ
- 晴耕雨読
- 今度までには
- 水月鏡花
- やっぱペスカトーレ。
- 寒いとこの美術部
- off the fly
- sweetaholic
- ほんじつも台湾なり
- Abbastanza bene. 
- photo diary
- 危機的*赤蜂蜜。
- 考えることを考える
- what a wonderful world !!! =blog=
- kurakura diary
- あるちち
- 浦和駅東口 Bar Grace
- 夜と季節と、わたしの境界
- tokyo sweet
- Something Silly
- 吸ってはいて息とめて
- ◎EAT◎MOOZiC◎唄三線日和◎
- ととももとめめたぁ!
- Ku-Pu-再び...
- ☆うっきうきぶろぐ☆
- また~り another side
- 最狂管理人の新米パパ騒動記
- 私のお気にいり考察中!
- 28☆1 まいにちがそのひぐらし。
- ぼちぼちブログ
- 黒髪かっぱ
- 奈江のきまぐれ恋愛ダイアリー ・・・最近より一層きまぐれです    
- Clear Spanish Green
- BOOK CHECKER
- ジョウシツナクスリ
- Self Ticker
- No Future
- 終りなき旅路@ろ
- 愛と死の幻想の日々
- Shootingfish
- 星にふれたい
- ''NUMERI'' LIFE
- ろばみみ
- 嗚呼★妄想族
amazon検索