間抜けの構造 (新潮新書)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 734 (税込)

出版:新潮社
カテゴリ:単行本
ページ:187頁
JAN:9784106104909
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で39824位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
他のレビュアーの方も触れていますが、たけしさんの人生を振り返って想いを綴った本です。たけしさんのファンの方や漫才や芸能関係に興味がある方は楽しく読める本だと思います。でも、タイトルから学術的な内容や「間の構造」というロジックを求めようとすると、内容的に違うかな、と思われるかも知れません。 漫才や落語では、間はとても大切な要素です。間の取り方次第で良くも悪くも全く違った結果になります。日常の会話や生活でも、たけしさんが言う通り間が悪いな、ということは良くあります。間は、そういったとても大切なコミュニケーションの要素だと思いますが、こうすれば間の取り方が上手くなるとか、間が抜けてしまう時のコミュニケーションの構造などを解析した本ではありません。
Amazonレビュー


amazon検索