胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

価格:¥ 756 (税込)
出版:中央公論新社
カテゴリ:新書
ページ:226頁
JAN:9784121006912
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で7651位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
三木成夫 著 赤ん坊が、突然、何かに怯えて泣き出したり、何かを思い出したようににっこり笑ったりする。母の胎内で見残した夢の名残りを見ているのだという。私たちは、かつて胎児であった・十{と}月{つき}十{とお}日{か}・のあいだ羊水にどっぷり漬かり、子宮壁に響く母の血潮のざわめき、心臓の鼓動のなかで、劇的な変身をとげたが、この変身劇は、太古の海に誕生した生命の進化の悠久の流れを再演する。それは劫初いらいの生命記憶の再現といえるものであろう。 書誌データ 初版発行日1983/5/23 判型新書判 ページ数240ページ 定価735円(本体700円) ISBNコードISBN978-4-12-100691
Amazonレビュー


amazon検索