ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)

翻訳 福島 正実
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 907 (税込)

出版:早川書房
カテゴリ:文庫
ページ:334頁
JAN:9784150200268
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で155663位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
由緒ある静かな街ゲイルズバーグ。この街に近代化の波が押し寄せる時、奇妙な事件が起こる……表題作他、現代人の青年とヴィクトリア朝時代の乙女とのラヴ・ロマンスを綴る「愛の手紙」など、甘く、せつなく、ホロ苦い物語の数々をファンタジイ界の第一人者がノスタルジックな旋律にのせて贈る魅惑の幻想世界。         ジャック・フィニイ(Jack Finney, 1911年10月2日 - 1995年11月16日) は、アメリカ合衆国のSF作家、推理作家、ファンタジー作家。姓はフィニイ(早川書房、角川書店)の他、フィニー、フィニィの表記もある。代表作は『盗まれた街』と『ふりだしに戻る』で、前者は1956年の映画『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』とその後のリメイク作品の原作である。
Amazonレビュー
amazon検索