手紙 (文春文庫)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 745 (税込)

出版:文藝春秋
カテゴリ:文庫
ページ:428頁
JAN:9784167110116
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で4851位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及ぼす悲しい現実を見据えた意欲作である。殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、大げさなトリックやサスペンスの要素を用いることなく、真正面から描ききっている。

   武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。

   1999年に刊行された『白夜行』以降、著者は『片想い』 『トキオ』など、連載小説という発表形態を通じて、読み手を飽きさせないだけのストーリーテリングの実力を確実に身につけてきた。新聞連載された本書も、バンドデビューや窃盗事件などの出来事を積み重ね、そのつど揺れ動いていく直貴の心の危うさを巧みに演出しながら、物語を引っ張っていく。しかしながら読み手は、たえず居心地の悪さを感じずにはいられないだろう。なぜなら、直貴に向けられる差別は、私たち自身の中にも確実に存在するものだからである。「差別や偏見のない世界。そんなものは想像の産物でしかない」と言い切る直貴の言葉が、ずっしりと心に響く。(中島正敏)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
- 。*★かぉたん日記★*。
- 豆の日々
- so much to do,so little time
- mini m0nkey Factory
- bayan日記
- くじらの日々
- ハッピーとこはる日和
- 中学生来てね☆
- ようこそ、乙女の部屋へ
- sh_blog
- かえるcafe
- 花雪えほんくらぶ
- No Rain No Rainbow
- くろねこな気分
- 《キ・聞 キ・想》~ 心澄館
- A氏の感想文
- 日々コツコツと
- 余りもんには、福来たる
- 徒然日記
- Sous le ciel a Mezieres
- 喜 怒 哀 楽
- ミキモユク!!
- じゃがいも日和
- sweetな日常
- 陽だまりのなかで
- トーキョーつれづれ
- ホームページ作るならAco-Style
- シフクノトキ
- Precious Days
- 今日の色は。。。
- Happy*sad
- 浦和駅東口 Bar Grace
- 泥中の蓮
- 鬼姉綴り
- + WakaTOWN +
- MAっ!IKKA!
- 北欧~スウェーデン暮らしのあれこれ~
- sono マイブーム
- 写真ギャラリー Y/M
- I'm Dreamer. - 高校生の一人暮し -
- 気ままな猫と過ごしたら
- 30代独身★ミーハーOLのひとりごと
- てーげー日記
- カメのこうらぼし
- つづくのかい
- 休みの日はビールと休息
- CASA di canaco
- live-for-today
- 夏草や兵どもが夢の跡
- まるがお
- 日常生活
- feel
- あひるのあるひ
- 好吃的西瓜~おいしいスイカ~
-  口 福 日 和 
- 独断偏見文庫館
- Little Braver2
- R-style
- まほろま。
- うるさら♪diary
- 海老+Vet'sログ
- My favorite...
- あまあま手帖
- ふーたろうの若輩支配人日記
- ♪going my way♪
- サバちゃんBlog
- ぴよまろの独り言
- ~テンパイのダイエット生活+α♪~
- 公式Blog - Hamushiki !! -
- SPIRAL☆HEART
- コゴト日和。
- てづくり日和**
- どちらかというとバカなほう。
- day by day
amazon検索