クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)

価格:¥ 11,612 (税込)
出版:文藝春秋
カテゴリ:文庫
ページ:195頁
JAN:9784167753641
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で386536位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常4~5営業日以内に発送
エディターレビュー
   1匹の盲導犬と人々との感動的な絆を描いてベストセラーになり、テレビドラマ化もされた『盲導犬クイールの一生』。だが主人公のクイールを育てた訓練士、多和田悟は、今でも「あのクイールがなあ」という思いが消えないという。

   盲導犬の素質は血統が第一だが、家庭犬を母親とするクイールは決して盲導犬になるべくして生まれた犬ではなかった。そんなクイールがどうして、すぐれた盲導犬になることができたのか? 本書は「魔術師」と異名をとる多和田の訓練士としての苦闘を描きながら、クイールをはじめ多くの名盲導犬を世に送り出した「多和田マジック」の秘密を探っている。

   日本では盲導犬教育とは犬が訓練士や使用者の指示に無条件で従う「服従訓練」だとされてきた。だが多和田は訓練を「教育」に変えた。彼のもとで育つ犬たちは、訓練を「楽しい」と感じている。自分の意志でいい仕事をしたいと願い、使用者のためになる行動をする。彼らは「いつも尻尾を振りながら楽しそうに仕事をする」という。だからこそ、多和田が育てた盲導犬たちは使用者とハッピーな関係を築くことができる。

   訓練を「楽しい」と感じさせ、ほめることで仕事へのやる気を育てる──そんな多和田の姿勢は、盲導犬教育のみならず広く犬と人間の関係を考えるうえで役に立ちそうだ。(栗原紀子)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索