日本の路地を旅する (文春文庫)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 767 (税込)

出版:文藝春秋
カテゴリ:文庫
ページ:383頁
JAN:9784167801960
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で8556位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
戦国から江戸にかけて「路地」の人々は、大名と言う上層階級の移封に伴って、全国に散らばっていった。そしてその地方の食文化や、日常生活、芸能を支えていった。門付け、猿回し、上層階級には許されていた食肉文化、踊りや民謡に欠かせない太鼓づくり、剥製づくり。これらはすべて「路地」の人々の仕事である。中上健次が、そう読んだと言う「路地」それは、被差別部落のことである。著者は自らのルーツを探るべく、全国の「路地」を旅する。ぼくから見れば、これは日本という国の成立の歴史を探る度でもあったと思える。柳田國男、宮本常一といった先人の業績についで、民俗学の、基本資料として、書き加えられる本なのかも知れない。申し訳ないが、ぼくは著者の、感傷的な叙述をほとんど無視して読み進んでいる。
Amazonレビュー