環境緑地 3 緑地施設の設計-造園意匠論

価格: (税込)
出版:鹿島出版会
カテゴリ:単行本
ページ:314頁
JAN:9784306020160
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1142084位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
小形研三(おがた けんぞう 1912年2月3日 - 1988年2月13日)は、日本の造園家、作庭家。 作庭、公共造園の設計、海外への日本庭園文化の紹介、後進の教育、育成などなど、その生涯を造園分野の向上に捧ぐ。社団法人日本造園コンサルタント協会会長としては広く造園学の目的とする住環境の向上に貢献する。 自然観察から養われた作庭の発想から「自然写景式庭園」に多大の関心を持ち、飯田十基の門下となる。作庭にあたり創意工夫による岩、水、樹木などによる造景美には、伝統庭園技術の研さんを積みながら、新に現代の庭園のあり方を示され今後の指標となっていく。これらの新しい傾向の作庭活動は、後継者の養成にも貢献する。 千葉大学園芸学部の前身千葉高等園芸学校を卒業後、飯田十基の飯田事務所に入社、修行時代を送る。飯田事務所でしばらくして、富裕な人のために庭園をつくることに疑問を感じ、1935年からは東京府公園課に勤務し、土日のみ飯田を手伝う。 1937年、命集され外地へ。ノモンハン事件に遭遇。塹壕にいた戦友に大前研一の父親がいて息子に自分の名前から研の文字をつける他、後日小形に大前家の庭の作庭を依頼している。 戦後、飯田から庭園の設計施工をおこなう造園会社東京庭苑株式会社を引き継ぎ、公共造園の設計を主に行う造園コンサルタント京央造園設計事務所を設立し、多くの人材を育てる。 一時日本大学でも講師も務めた。 京央造園設計事務所設立してからは公共造園の設計を専門とする。多数の公共事業の実施例があり、沖縄海洋博覧会の計画の進行にあたりかねてより研究していた熱帯造園の知識を駆使し、
Amazonレビュー
amazon検索