アホ大学のバカ学生 グローバル人材と就活迷子のあいだ (光文社新書)

価格: (税込)
出版:光文社
カテゴリ:新書
ページ:277頁
JAN:9784334036645
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で437291位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
出版社からのコメント ◎TOEICで100点台を取ってしまう学生、ツイッターでカンニング自慢をしてしまう学生から、内定取りまくりのすごい学生、グローバル人材まで、今日もキャンパスは大騒ぎ。 『最高学府はバカだらけ』『就活のバカヤロー』の石渡と、日本の全大学を踏破した大学研究家の山内が、日本の大学・大学生・就活の最新事情を掘り下げる。 難関大なのに面倒見のいい大学、偏差値は高くなくても在学中に鍛えあげて就職させてくれる大学、少数精鋭、極限の「特進クラス」を持つ大学、グローバル人材と言えばあの大学、などなど、お役立ち最新情報も満載。 廃校・募集停止時代の大学「阿鼻叫喚」事情。 【目次】 第1章 バカ学生、まかりとおる 第2章 大学だってアホっぽい 第3章 講演「受験生をゼロにするためのパンフレット作り」 第4章 就活を巡る空回り----無責任就活業者vs.無責任学生、悪いのは誰? 第5章 難関大でも「面倒見がいい」時代 第6章 日本バカ学生史----明治・大正を中心に 第7章 定員割れ大学のサバイバル競争----募集停止か復活か 第8章 マンモス大、グローバル人材とバカ学生の間で揺れる 【著者紹介】 石渡嶺司(いしわたりれいじ) ライター・大学ジャーナリスト。一九七五年札幌市生まれ。北嶺高校を経て東洋大学社会学部社会学科卒業。大学・教育・就職等の評論・執筆活動を行う。大学見学校数は約三五〇。著書に『最高学府はバカだらけ』(光文社新書)、『就活のバカヤロー』(共著、光文社新書)、『時間と学費をムダにしない大学選び2012』(山内との共著、光文社)、『強い就活!』(共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『就活のしきたり』(PHP新書)など。 山内太地(やまうちたいじ) ライター・大学研究家。一九七八年岐阜県中津川市生まれ。岐阜県立中津高校を経て東洋大学社会学部社会学科卒業。四七都道府県一一カ国および三地域の八六五大学一一五二キャンパスを見学し、日本国内の四年制大学七八四校(二〇一一年度現在)はすべて訪問。著書に『大学生図鑑2012』(晋遊舎)、『こんな大学で学びたい! 日本全国773 大学探訪記』(新潮社)など。 内容(「BOOK」データベースより) TOEICで100点台を取ってしまう学生、ツイッターでカンニング自慢をしてしまう学生から、内定取りまくりのすごい学生、グローバル人材まで、今日もキャンパスは大騒ぎ。『最高学府はバカだらけ』『就活のバカヤロー』の石渡と日本の全大学を踏破した大学研究家の山内が、日本の大学・大学生・就活の最新事情を掘り下げる。難関大なのに面倒見のいい大学、偏差値は高くなくても在学中に鍛えあげて就職させてくれる大学、少数精鋭、極限の「特進クラス」を持つ大学、グローバル人材と言えばあの大学、などなど、お役立ち最新情報も満載。廃校・募集停止時代の大学「阿鼻叫喚」事情。
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索