天神橋心中: 剣客船頭(二) (光文社文庫 い 37-18 光文社時代小説文庫)

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 637 (税込)

出版:光文社
カテゴリ:文庫
ページ:325頁
JAN:9784334749996
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で244171位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
天神橋の袂(たもと)で一人の女の死体があがった。そして、女の夫は自宅で自害しているのを発見された。元南町奉行所定町廻り同心で、いまは船頭を生計(たつき)にしている沢村伝次郎(さわむらでんじろう)は、亡くなった女の姉から探索を頼まれる。真相を調べる伝次郎の前にちらつく、わが妻と子を殺害した憎き仇(かたき)の影――。「情に厚い」一刀流の達人、伝次郎の剣が唸る。 人気爆発シリーズ待望の第二弾!
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索