ネオコンの論理

翻訳 山岡 洋一
価格: (税込)
出版:光文社
カテゴリ:単行本
ページ:154頁
JAN:9784334961558
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で620817位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   アメリカ有数の外交政策の研究者である著者による、国際社会に大きな波紋を投げかけた論文が、内容を拡大して本という形で再登場する。

   最近アメリカの外交政策に懸念を覚えているヨーロッパ各国の指導者は、ニューヨーク・タイムズ紙(2002年7月21日付)が「真実の時」と表現したものに向かっていると感じている。長年に及ぶお互いの恨みつらみや緊張関係を経て、突然、アメリカにとってのほんとうの国益と同盟国の利益とが、大きく隔たっていることがわかるようになり、大西洋をはさんだ関係自体も変わってしまって、それはもう後戻りのできないところまできている可能性もある。ヨーロッパはアメリカを、強引で、一方的で、必要以上に好戦的だと見ているし、アメリカはヨーロッパを、疲れきっていて、不真面目で、弱い存在だと考えている。両者の怒りと不信感は、ますますひどくなり、さらに無理解を呼んでいる。

   2002年の夏、ロバート・ケーガンはポリシー・レビュー誌の中で、この袋小路にはまり、追い詰められた両者に、互いの立場から自分自身の見直しをするよう迫った。第2次大戦後の大きく異なったヨーロッパとアメリカの歴史を追いながら、ケーガンがはっきりと述べているのは、一方は血塗られた過去から脱出する必要性から力と脅威に関する国境を超えた信念が生まれ、もう一方は必然的に力とグローバルな影響力によって「ポストモダン・パラダイス」の擁護者として進歩を遂げたことだ。このすぐれた分析は、アメリカ、フランス、日本の政府にも議論を呼ぶことになるだろう。必読の書である。(Book Description)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

Amazonレビュー
amazon検索