反貞女大学 (ちくま文庫)

価格:¥ 821 (税込)
出版:筑摩書房
カテゴリ:文庫
ページ:313頁
JAN:9784480029065
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で177801位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
タイトルどおり、夫に対し貞淑ではない妻、「反貞女」になるためのマニュアル本である。ただし、世界のミシマともなると、反貞女といっても生半可ではない。立派な姦通を成し遂げるには、16、7の娘のころから周到に準備し、まずは夫の選択から入念に行わなければならないという。この「大学」の教えはなかなか厳しいのである。「なぜ妻は夫を軽蔑するのか?」「なぜ女は芸術家に憧れるのか?」「美容整形は是か非か?」といった、いつの時代にもある疑問に対し、三島先生がズバリ解答してくれる。その内容を教訓とするか、受け流すか、戯言として却下するか、読者の反応は分かれるだろうが、ともかく本書の「三島節」は痛快で冴え渡っている。「ある女は心で、ある女は肉体で、ある女は脂肪で夫を裏切る」というフレーズなどは、名言集にも入れたい。本大学で反貞女たるべく基礎学力を身につけた後では、併録の「第一の性」でさらに世の男たちの研究を堪能できる、という構成もおもしろい。(三木秀則)
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索