吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,943 (税込)

出版:東洋経済新報社
カテゴリ:単行本
ページ:228頁
JAN:9784492041734
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で102308位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常4~5営業日以内に発送
エディターレビュー
   グロービスの創業者、堀義人が、自らの半生をつづった書。ハーバード・ビジネススクール(HBS)への留学から創業、ベンチャーキャピタル事業への挑戦までが、興味深いエピソードとともに語られている。

   第1章の留学に関する部分では、HBSの特徴であるケースメソッドに戸惑った話や、ほかの留学生たちと語り合った金曜日のバーでの話、ゲストスピーカーとして登場したビル・ゲイツやウォーレン・バフェットに対する感想など、実際に留学した人ならではの貴重な話が盛り込まれている。第2章では「吾人の任務」とは何かについて言及される。「吾人の任務」とは、祖父堀義路の追悼集に書かれた短文のことで、そこには「『芸術学問を閑却し生活の為に生活の理由の滅却する』事のなき様にせしむるが吾人の任務ではないだろうか」と記されている。これは祖父義路の社会におけるレーゾンデートル(存在理由)とでも言うべきものであろう。第2章以下では、著者がこの短文に触発されて自らのレーゾンデートルを追求し、それを起業という形に変えていった様子が描かれている。アパートの一室を事務所とし、たった80万円の資本金で始めた創業初期、英国立レスター大学とのMBA提携プログラムの実現、そしてベンチャーキャピタル事業…。堀義人代表のあくなき挑戦の結果が、発展を遂げるグロービスという形で具現化されていく。

   誰しも、自分のレーゾンデートルを実感することなく充実した人生を送ることは難しい。ここに描かれているのは、自らのレーゾンデートルを実現した1人の男の姿であり、人生のケーススタディーとして有用である。欲を言えば、もっと個々のエピソードを掘り下げてほしかったが、読者自らの「吾人の任務」を見つけるよいきっかけとなる。(土井英司)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索