フェラーリと鉄瓶―一本の線から生まれる「価値あるものづくり」

価格: (税込)
出版:PHP研究所
カテゴリ:単行本
ページ:193頁
JAN:9784569656434
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で167849位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
フェラーリのデザイナーが初めて語る、デザインの要諦、ものづ くりの秘訣とは......? 著者の奥山清行氏は、フェラーリのデザインを担当するカロッツェリア(イタリ アにおけるデザイン工房)であるピニンファリーナ社で、デザインの総責任者で あるデザイン・ディレクターを務めた人物である。 著者はこれまで、「エンツォ・フェラーリ」や「マセラティ・クアトロポルテ」 などの超・高級車をはじめ、クルマ以外にも家具などのインテリアやロボッ ト、都市計画でもデザインを行うなど、幅広いジャンルで活躍してきた。その著 者が2006年、ピニンファリーナ社を退職し、自分の事務所を立ち上げたのを 機に、自らの経歴と海外、特にイタリアの文化とものづくりに触れながら、日本 のデザインとものづくりについて語ったのが本書である。 世界中からその才能を求められる日本人デザイナーが、自身の考えるデザインの 在り方を通して、「最高の価値」を生み出す方法を語る
Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索