フランソワ・トリュフォー映画読本

定価:
マーケットプレイス価格:¥ 24,076 (税込)

出版:平凡社
カテゴリ:単行本
ページ:661頁
JAN:9784582282467
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で611201位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常4~5営業日以内に発送
エディターレビュー
   フランソワ・トリュフォーと言えば、日本でも著名なフランスの映画監督である。大概のビデオ店にはトリュフォー作品が数多く並べられているし、また2003年秋には20作品ものDVD化が予定されているなど、死後長い時間が流れているにもかかわらずその人気は一向に衰える兆しを見せない。恐らく、その繊細で情感豊かな作品は年月の風雪にも瑞々しさを失わず、また絶えず新しいファンを獲得しつづけているのであろう。

   本書は、そんな新旧のトリュフォー・ファンにぜひおすすめしたい敷居の低い1冊だ。著者は生前のトリュフォーと長年にわたる親交があり、また『トリュフォー、ある映画的人生』 『友よ映画よ』などで定評のある映画批評家である。言うなれば最適任者によって書かれた本書は、処女作『ある訪問』から遺作『日曜日が待ち遠しい』までの短編3本を含む全25作品を余すところなくカバーし、懇切な作品解説やスタッフ・キャストのインタビュー、さらには豊富な作品図版などを交えて、トリュフォーの全体像を見事に浮かび上がらせている。あのスティーヴン・スピルバーグが自作『未知との遭遇』にトリュフォーをキャストとして起用したくだりの描写などがとりわけ興味深い。一瞬、650ページを越えるボリュームには気圧されるものの、その語り口は総じて平明であり、またシネフィル的著作によく見られる排他性とも無縁であることから、トリュフォーに関心のある読者であれば一気に通読することも決して苦になるまい。

   ちなみに本書の冒頭には、「感化院上がりの不良少年から『ヌーヴェル・ヴァーグ』の中心的存在へと登りつめながら、しかし生涯シネフィル的な少年らしさを失うことのなかった」とトリュフォーの生涯をごく手短に振り返った一文が掲載されている。死後まもない時期に書かれた追悼と思しきこの文章は、著者のトリュフォーに対する強い思い入れの原点をも示しているのではないだろうか。(暮沢剛巳)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索