谷川士清自筆本『倭訓栞』 影印・研究・索引

編集 三澤 薫生
価格:¥ 30,800 (税込)
出版:勉誠出版
カテゴリ:単行本
ページ:1200頁
JAN:9784585032151
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で2388801位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
エディターレビュー
『倭訓栞』の編纂は『日本書紀通証』の訓義を発展、補充する目的で開始された。全体を前編・中編・後編の三部に分かち、前編四十五巻三十四冊、中編三十巻三十冊、後編十八巻十八冊、計九十三巻八十二冊から成る浩瀚な辞書で、最終刊行までに実に百十年を要して完成した。登載語数は凡そ二万、古語・雅語をはじめ方言・俗語、更には外来語を収め、その蒐集の範囲は士清周辺の出来事にまで及んでいる。著者みずから「固陋を忘れて臆断せるものならし」(凡例)とうたうように、その編纂態度は独断専行を排除し、実証的立場に立って、飽くまでも確実にして的確な典拠を引くことに努めている。それ故にこの時代のものとしては最も内容の整った辞書として、後世に与えた影響は頗る大きい。太田全斎の『俚言集覧』をはじめ、近代国語辞典の祖たる『言海』にしても、また『大日本国語辞典』にしてもしかりである。
Amazonレビュー
amazon検索