時を超えるカメラ (エイ文庫 (097))

価格:¥ 734 (税込)
出版:エイ出版社
カテゴリ:文庫
ページ:187頁
JAN:9784777903665
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で57184位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
表紙のカメラ、かわいいです。 昔のカメラ、と聞いて浮かぶイメージと、だいぶ違うと思います。 30年前の日本にこのカメラがあって、 このカメラに憧れていた著者が、時を超えて手に入れる幸せなお話。 ほしいな、と思っていたデジカメは、3年経てば 消えていく。 今はそんな時代だから、こんなドキドキはなかなか 体験できないかな。 ちょっとうらやましく思いながら読みました。 フィルムの個性的なカメラを使ってみたいな、と思っている人は、 その魅力を味わってみては。 もちろん、マニアックな期待も、裏切りません。 プロのカメラマンとして活躍されているMazKenさんは、 ハーフサイズのリズミカルな写真の世界を、 たっぷり堪能させてくれます! まず、全編とても身近なテーマで書かれているので親しみがもてました。 高級な輸入カメラだとか海外ロケの自慢的な内容ではなく、中学生の時に憧れ たカメラを40才を過ぎてから手にして「カメラ小僧」に戻って遊ぶという話に、 モノと人との幸せな関係が伝わってきました。 写真も文章も筆者の鋭いけど優しい人柄が出ていて、むずかしい修理の話をサ ラリと読み飛ばせば、私のような機械音痴でもペンFTというすてきなデザイ ンのカメラを手にして撮りたくなります。 写真を撮るのが好きな女性にお薦めです。
Amazonレビュー


amazon検索