ネズミの時計屋さんハーマックスの恋と冒険〈1〉“月の樹”の魔法

原著 Michael Hoeye , 翻訳 雨沢 泰
価格: (税込)
出版:ソニーマガジンズ
カテゴリ:単行本
ページ:345頁
JAN:9784789720533
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で1136557位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   ネズミの時計屋、ヘルムクス・タンタモクは、好きにならずにはいられないキャラクターだ。彼は世界中のチーズの絵がプリントされたフランネルのシャツを着てくつろぎ、テントウムシをカゴに入れて飼い、毎晩、世界中のあらゆるものに「心からありがとう」の手紙を書く。

   ヘルムクスは広い心の持ち主だ。そして、その心は今、怖いもの知らずの女流飛行士、リンカ・ペルフリンガーへの熱い思いでうずいている。リンカは先日、思いがけず彼の店にやってきて、腕時計を大至急修理してほしいと言ったのだった。ヘルムクスには知るよしもないが、この威勢のいい女冒険家と言葉を交わしたほんのひとときが、彼の人生を永遠に変えることになるのだ。

   リンカから連絡がないまま1週間が過ぎると、ヘルムクスは心配するべきか腹を立てるべきかわからなくなる。そしてリンカにあててちょっとだけ不機嫌な手紙を書き、それからやけっぱちの手紙に書き直し、それから優しすぎず冷たすぎない手紙に書き直して、返事を待つ。だが、相変わらず音沙汰はない。不愉快な隣人(けばけばしい装いで、やけに気取った美容界の大立者トゥッカ・メルトスリン)と出くわしても、芸術家の友人ミルリンと明るく過ごしても、ヘルムクスにとりついた最近の不安は、片時も心を離れない。

   黄色い目、薄い唇、毒のある言葉が印象的なドブネズミが彼の店にやってきたとき、ヘルムクスの最悪の不安は決定的になる。ドブネズミは不気味な笑みを浮かべて言う。「リンカ・ペルフリンガーの時計を受け取りにやってきました」。大事な人の時計を、預り証を持たない相手に単純に引き渡すわけにはいかなくて、ヘラムクスはドブネズミのあとをついていき、けっきょくリンカの家まで行ってしまう。すると、そこで見たものは…。リンカは誘拐されたのか? ヘルムクスが(何が彼をそこまでさせたのかはともかく)大胆にも彼女の家に侵入し、テウラボナリの国からの謎めいた手紙とひっくり返ったスパイシーな香りの植物の苗を見つけるあたりから、ストーリーは込み入ってくる。

   その晩、ヘルムクスはペットのテントウムシに語りかける。「これから僕の新しい人生が始まる。探偵としての人生か、囚人としての人生がね。どちらになるかは時がたてばわかる。もしも、囚人としての人生となったなら、檻をどうやって飾りつけたらいいか、君にアドバイスを求めるよ」。間もなくヘルムクスは、こうした手がかりが、美容界の大立者トゥッカと関連があるとにらみはじめる。内服用ビン入り「永遠の若さの素」を調合しようとしているトゥッカは、ヘルムクスを自分の計画に巻き込もうとしていたのだ。

   それから先は、心優しいヘルムクスが探偵の仕事を通して想像を絶する世界に足を踏み入れていき、次々に、スパイ、泥棒、殺し屋、裏切り、青春の泉、ヘビ、感動的な救出劇とかかわりながら、ネズミの毛もよだつ体験を重ねていく、と言うくらいにとどめておこう。しかし、そんな目に遭いながらもヘラムクスは、世界に対する感謝の気持ちを忘れない。「ありがとう、かどの食料品屋さん。ありがとう、サンドイッチにハニーフィズ。ありがとう、恐ろしいニュースに危機一髪の命拾い。ありがとう、ショッピングカートにショッピングバッグ。ありがとう、忠実なペットたち、ありがとう、勇気ある男性冒険家たち(と女性冒険家たち)」

   読者はきっと、ヘルムクスのひたむきで好奇心あふれる性格と生きる情熱にひきつけられ、スリルとサスペンスに満ちた大冒険から目が離せなくなることだろう。(Karin Snelson, Amazon.com)

Amazonレビュー


amazon検索