現代思想2008年11月号 特集=〈数〉の思考

価格:¥ 4,261 (税込)
出版:青土社
カテゴリ:ムック
ページ:237頁
JAN:9784791711888
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で875932位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常1~2営業日以内に発送
エディターレビュー
■連載――日本を問い直す 第10回   いま、「天安門」 にこだわる / 川田順造 ■連載――通天閣 第9回   無政府的新世界(2)    Trans Pacific Syndicalism/Trans Pacific “New World”(上) / 酒井隆史 ■連載――家族・性・市場 第38回   税制について / 立岩真也 -------------------------------------------------------------------------------- 特集=〈数〉の思考   【導入】 ポストモダン時代と数論幻想 / 森毅 数とは何か、そしてまた何であるべきか / 足立恒雄 【討議】 現代数論の戦略 〈数〉の過去~未来 / 黒川信重+小島寛之 【最前線】 浮遊する数学 / 田中一之 類体論と現代数学 / 吉田輝義 ガロア理論の世界観 / 伴克馬 【歴史】 エウクレイデス 『原論』 の整数論 その起源を探る / 斎藤憲 中世西欧における数概念の拡張 一四世紀イタリアの三次方程式解法を通じて / 三浦伸夫 数・量概念の変遷と近代数学の発展 代数方程式論との相関から / 但馬亨 素数――苛立と慈しみ / 本橋洋一 【哲学】 対象としての数 フレーゲの数とウィトゲンシュタインの数 / 金子洋之 数を数えることとはどういうことか カヴァイエスの 『超限順序と連続体』 読解 / 近藤和敬 順序数はどのように使われるのか / 津留竜馬 【政治】 記号と思想 / 田崎英明 〈数〉から横断‐存在へ / アラン・バディウ (訳=松本潤一郎) 【社会】 社会は計算可能か / 神成淳司 ■研究手帖   救済する法=引き裂く法? / 北村健太郎
Amazonレビュー


amazon検索