ロケットボーイズ2〈上〉

原著 Homer H.,Jr. Hickam , 翻訳 武者 圭子
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 55,256 (税込)

出版:草思社
カテゴリ:単行本
ページ:237頁
JAN:9784794211217
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で792703位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
この書籍を買った人はこんな書籍も買っています
エディターレビュー
   ロケットボーイズ高校3年の秋、炭鉱の町コールウッドに何が起こったのか。長引く不況、頑固一徹の父、相変わらずうまく飛ばないロケット。NASAの元エンジニアである著者は、さまざまなことに悩みながら大人になっていく。仲間や町の人たちとの交流や心理描写が丹念に掘り下げられ、ベストセラーとなった前作『ロケットボーイズ』とはまた違う趣の、良質の青春物語となっている。

   本書の舞台となっている1959年といえば、海外からの安い輸入石炭の流入で、アメリカの炭鉱産業が衰退の一歩をたどっていたときである。しだいに暗くなる町の雰囲気、将来へのビジョンが描けずいらだつ町の人たちの様子は、まさに現代の日本社会そのものだ。

   しかし、著者サニーの目を通して描かれるのは、決してあきらめることをしない人々の愛すべき姿である。会社からリストラの厳しい圧力を受けながら、生産性を上げることで何とかそれを回避しようとする父。管理職の妻であることの孤独感を持ちつつ、町のパレードやクリスマスの野外劇を成功させようと奔走する母。貧民街から流れ着き、乱暴者と同棲していると白い目で見られてしまう父母と同郷のドリーマ。

   ロケットの打ち上げを成功させて大学に行く奨学金を得ようとする仲間のクエンティン。そして、古きよき時代の面影を残すコールウッドの町そのものに、読む者はなんともいえない郷愁の念を感じるだろう。ときには因習に囚われて反目しあうこともあるけれど、町の人たちは隣人を思いやる温かい心を失ってはいない。そんななかで著者は、人生の機微と奥深さを知り、大人への第一歩を踏み出していったのだ。

 「あきらめないことが大切だ」。全編をこのメッセージが貫いている。これからサニーのように大人の世界に踏み出そうとしている人はもちろん、すべての人にぜひ読んでほしい秀作である。(篠田なぎさ)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索