ロジカルシンキングが身につく入門テキスト―「ロジカルって何?」から「身近な実践法」まで

価格:¥ 1,620 (税込)
出版:中経出版
カテゴリ:単行本
ページ:207頁
JAN:9784806118466
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で583451位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
   ロジカル・シンキングとはもちろん「論理的に物事を考える」という意味だが、身についていない人は意外なほど多い。関連書も数多く出版されているが、ほとんどが数学的な内容で、初心者にはとっつきにくいものであった。しかも「ロジカル・シンキングとは何か」の解説に終始し、その先にはふれられていない場合も少なくない。対して本書はロジカル・シンキングを日常生活でどう身につけ、実践していくのかを平易に説いたもので、ありそうでなかった入門書といえる。

   本書では、たとえば新聞を読むときに「なぜこのような事態が起きたのか」「なぜ政府はこのような判断をしたのか」などと自分に問いかけることから実践が始まるとしている。そこで自分なりに考えたり調査することが、論理的な思考法の練習となるというわけだ。その他、企画書の作成やブレイン・ストーミングなど、身近な応用例を数多く取り上げ、すぐに実務に役立てられるような工夫が凝らされている。

   単なるひらめきや博打(ばくち)ではどうにもならない時代である。行動力も重要ではあるが、その裏付けとして、成功へのシナリオを論理的に構築し、着実に達成していく能力が最も求められている。それこそがロジカル・シンキングの能力なのである。本書でロジカル・シンキングを理解し身につけることで、限られた時間を有効に使い、充実した人生を送ることができるはずだ。(工藤 渉)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索