情報セキュリティ技術大全―信頼できる分散システム構築のために

原著 Ross J. Anderson , 翻訳 トップスタジオ
価格:¥ 15,609 (税込)
出版:日経BP社
カテゴリ:単行本
ページ:598頁
JAN:9784822281427
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で857581位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
   錠前を破ろうとする輩(やから)を防ぐには、錠前の構造を徹底的に秘密にするのがよいのか、それとも錠前の構造を周知させることで正しい防護を行えるようにするべきなのか。いずれがよいか結論づけることは難しい。しかし、いかにすぐれた技術でも、技術を極端に秘密にしたため、周囲の進歩についていけずに陳腐化することは往々にしてあるし、多くの人間の目にさらされないぶん、もろい面を持ち合わせてしまう可能性が高いのも事実であろう。

   この思想に基づき、本書では、情報セキュリティについて、あらゆる面から解説を試みており、いわゆるソフト的なネットワークセキュリティのみならず、ハードウェアに依存する部分や日常的に使われる暗証番号などのセキュリティ、さらに政治的な情報戦略についても広く論じている。

   全体は3部構成になっており、第1部では、プロトコルやパスワード、アクセス制御などセキュリティに関する基本的な知識を紹介している。技術的な内容はもちろんのこと、それぞれの分野で問題となる部分(心理的側面や環境的な要因など)もきちんと解説されている。第2部では、核の制御、医療カルテシステム、ATMなどのセキュリティが実際に応用されている例について解説しており、軍事レベルでのセキュリティ確保の問題からDVDなどの著作権保護技術に至るまでを広範に取り上げている。

   第3部ではさらに大きな規模の話題に踏み込み、組織や政治レベルの視点からセキュリティを論じている。各国が行っている情報戦略、機密を守るための政策などのほか、プロジェクトや組織内でのセキュリティをマネジメントするうえでの問題点、システムのセキュリティ評価と保障についても取り扱っている。

   コンピュータセキュリティ、ネットワークセキュリティといった特定分野のセキュリティの知識だけでは情報セキュリティの専門家とはいえない。広範な内容を体系立てて解説している本書は、情報セキュリティの専門家を目指す人におすすめ。(斎藤牧人)

Amazonレビュー


ライフログ - この商品を登録しているブログ
amazon検索