金属(化合物)粉の 選び方・使い方 -金属粉体・微粒子・金属ナノ粒子・金属フィラー等 -

編集 技術情報協会
新品の在庫はありません。
出版:技術情報協会
カテゴリ:大型本
ページ:542頁
JAN:9784861043420
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で2066731位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
●発刊:2010年12月
●体裁:B5判542頁(上製本)
●定価:91,800円(税込)
●執筆者:50名

目的・用途における粉体・粒子選定、粒子径・粒形の調整、表面処理、充填・均一分散

ユーザーが明かす!配合量の適正化と充填した際の粒子の配向制御のポイント!

■目次
1章:一般的な金属粉・金属化合物/レアメタル粉体の特性・物性
2章:金属製造・微粉化と工程・管理プロセス
3章:金属ナノ粒子技術~表面処理・合成法・低温焼成・凝集制御・分散安定化
4章:粒子のナノ化によるリスクとは?―金属ナノ粒子の有害性を中心に―
5章:金属粉・金属化合物の製品応用―製品への粉体混合の事例―
◎複合化・混合―樹脂への最密充填・混合比率の調整
◎形状制御・表面処理―分散性向上、劣化防止処理
◎粉体管理―金属微粉の管理・不純物の低減
◎導電特性:導電性組成物の安定化、基材との密着性、均一分散向上
◎熱伝導特性:成形性・加工性と放熱性の両立、最密充填、添加率調整
◎電気化学特性:粒子複合化の合成と表面修飾、粒子形状のコントロ-ル
◎光沢感・高級感:高級感と成形加工状態の相関、樹脂への金属添加の影響
Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索