最後だとわかっていたなら

翻訳 佐川 睦
定価:
マーケットプレイス価格:¥ 1,080 (税込)

出版:サンクチュアリ出版
カテゴリ:単行本(ソフトカバー)
ページ:56頁
JAN:9784861139062
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で23174位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:在庫あり。
エディターレビュー
私も、昨年14歳の娘を突然病名もつかない病気で亡くしました。この1年半、娘のことを毎日考える度に、後悔があふれてきます。最後だとわかっていればしてあげられたことがたくさんあったはず。訳者の佐川さんの「答えは出ないが、そう気づいたことで後悔のループを少しだけ抜け出すことが出来た」大切な人を亡くして後悔は消えないけれど、後悔することがつらいばかりじゃないと、この詩と出会うことで思えるようになりました。作者と訳者の佐川氏に感謝。 私の姪もこの原詩の著者の長男と同じ10歳で急性骨髄性白血病で亡くなりました。 この詩の原詩は、あの9.11以降にネットで世界中に広まったものですが、 実際は原詩の著者である、ノーマ・コーネットさんが、 10歳で溺死した長男のことを偲んで書いた詩だったのです。 出会った人、特に身近な人が亡くなってから初めて、 伝えたかったのに伝えきれなかったことがあったことに 多くの人が気がつき後悔します。 この本は、実の姉のかおりさんの死を通じてそんな経験をした訳者の佐川睦さんが その想いを重ねて翻訳された本です。 幸せな成功を望むのなら、毎日その日一日を後悔することなく生きることです。 出会う全ての人に感謝し、大切な人にはその想いをいつでも素直に伝えよう。 そんな、人生の本質に気付かせてくれる、素敵な詩集です。
Amazonレビュー


amazon検索